キヤノンが安い 2017年度

9月に撮ったパドックの写真を参考に掲載します。シグマのレンズは全体的にシャープな出力なのは経験済み、ゆえにこのレンズにもほんのり期待してみました。まだ一眼自体が初心者ですので!さすがにキャノンの白いのを買う勇気もなくまずは!手頃な値段のコレを購入しました。

早速ご紹介!

2017年01月26日 ランキング上位商品↑

キヤノン【あす楽】 シグマ 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM キヤノン

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

たださすがに300側で撮ると!己のフォールドの甘さを実感し!ブレブレな絵を大量生産することも。少し暗く写るようですがISOを上げればさほど気になりません。厳密にいえば、色や解像度に全く不満がないわけではありませんが、それ以上にこれまで諦めていたショットに向き合える喜びを感じさせてくれます。といって!愛犬連れの旅ゆえ!望遠レンズに交換するタイミングがなかなかありません。だけど、当然の如く、しかっりと安定した撮影ができます。それ以来!高倍率レンズには若干のトラウマがありました。ボディーが小さいので、レンズが大きくて少々不格好。まだあまり撮影していませんが!なかなかよい感じです。携帯性もよろしいかと思います。純正よりも若干AF性能は劣るものの!静物を撮影してみたら確かに実にシャープでスッキリとした絵。300まで撮れるのにレンズサイズ的にも決して大きくありません。高倍率レンズは以前純正の18-200を使用したことがあったのですが、発色などに納得がいかなくて、結局望遠側を捨てて24-105で撮り続ける羽目に。KISS2に使用。商品発送までが早くて助かりました。走る愛犬を撮っていると!どうしてもシャッキリ撮れず!これは動き物には向いていないのかとも感じていましたが!使っていくうちにレンズのクセのようなものが少しずつ把握でき!その点もなんとかクリアできそうです。これは精進するしかありませんね。「非純正メーカーの高倍率ズームは…」という理由だけで避けていたシグマやタムロンですが、このレンズは期待以上の描画性を発揮してくれます。ただ・・・ここまでズーム範囲が広いと、自分の足で稼ぐことをしなくなるため、逆に堕落してしまいそうな予感。【使いやすさ】スイッチ類は一目瞭然で迷うところは!ありません。【機能性】OS機能は他社の同機能と異なり、ファインダーを覗いての毎AF時の「カチッ」とした安定感が足りない感じがある。でも比較的コンパクトなレンズです。ボディを買いなおそうかと思いましたが!とりあえずレンズを購入タムロンも持っていますが!スッキリのシグマが私はお気に入りですと言っても!素人なので多くは語れません。それよりも少し重いのが気になります。純正メーカーの古い規格の70−300mm DO ISなどの方が描画が甘くなる傾向にあることから、費用対効果、重量対効果など、色々な面で一番バランスが良いと思います。【携帯性】比較的小さく、軽量です。TAMRON16-300mmと比較もしましたがCanonとの相性が合わずAFが動作しない事があるとの記事を読みシグマを選択しました。これまで旅の際には、屋外での撮影はほとんど24-105でまかなってきましたが、やはりもっと望遠があれば!と思うこと多々。【表現力】にじみなどが少なく、万能な高倍率ズームの印象を強くさせる1本です。競馬場で撮影する用に望遠をいろいろ検討しました。レンズはCANON EOSKissX2に使用。花や空、鳥などを主に撮りますので..今使用中の18-250mmより少し倍率が高いもの・携帯性の良い物をと購入しました。【その他】ズームリングが!やや固めなのが気になる。